虫歯について・くろさき歯科


むし歯について

担当医 池原・佐藤

虫歯にならないようにするには、日頃のケアが大切です。

お子さんのお口の中を観察してみましょう。

ご自分のお子様のお口の中に、何本の乳歯が生えているのかご存知ですか?

だいたい3歳で20本の乳歯が全て生え揃い、小学校入学近くになると、いよいよ今生えている乳歯の奥に“6歳臼歯”という初めての永久歯が顔を出します。

乳歯が虫歯になったらどうしましょう?
いずれ抜けてしまう歯だからかまいませんか?

乳歯の虫歯は、永久歯にも大変悪い影響を及ぼします。
お子様の健康や発育にもよくありません。

生涯ずっと健康な歯でいられるためにお母さんの手で守ってあげましょう。

食事は規則正しく

・ダラダラ食べさせるのはやめましょう。
・寝る1時間前には食べない事。

おやつは、甘いものを控える

・砂糖入りの甘いものは日を決めて楽しみましょう。
・歯を丁寧に正しく歯磨き。
・7才まではお父さんお母さんが最後の仕上げをし、仕上げににフッ素入り歯磨き粉を使いましょう。
・歯と歯の間はデンタルフロス(糸ようじ)にフッ素入りの歯磨き粉を少量つけて使うと効果的です。

キシリトール入りのガム

・食事やおやつを食べたら、必ず噛む。
・酸が唾液によって中和されます。
・よくかんであごの発育。
・夜、寝る前にもかみます。
・1日3回以上、5~10分間ぐらい噛みましょう。

フッ素の利用

・歯の質の強化。
・酸の産生をおさえる。(歯磨き剤、フッ化物溶液で洗口、歯面へのフッ化物添布)

シーラント

・虫歯菌は溝が大好きです。
・6歳臼歯が生えてきたら、噛む面の深い溝を透明なシーラント薬で埋めて、なだらかな溝にすると、虫歯予防に効果があります。

噛み合わせ

・下顎が上顎より前に出ているかな?と思ったら、すぐに歯科医に相談しましょう。(反対咬合)


 歯磨きでケアをしましょう。

歯ブラシの使い方
スクラッビング法

スクラッビング法

歯ブラシの先端は歯の面に直角にあて小刻みに往復運動させ、
噛む面も直角にあて小刻みに往復運動する。
歯と歯肉の間には入れない。
バス法

バス法

1. 歯ブラシの毛先を45度の角度で歯肉に当てる。

バス法


2. そのまま押し当てながら、歯肉の縁の方に滑らす。

バス法


3. この位置で、歯ブラシを小刻みに(2mm幅くらい)振動させる。

バス法


4. 歯ブラシを回転させる。


小児歯科のページへ

診療のご案内のページへ

トップページへ

くろさき歯科、スタッフ募集中
くろさき歯科について
院長 黒崎 俊一
〒336-0017
埼玉県さいたま市
南区南浦和2-38-1
北原ビル4F
TEL048-887-9639
アクセスマップくろさき歯科地図

JR南浦和駅徒歩0分
診療時間のご案内診療時間 ●月曜~金曜
午前:9:30~13:00
午後:14:00~20:00
●土曜日
午前:9:30~13.00
午後:14:00~17:00
●休診日
 日、祝祭日
Copyrigth KUROSAKI DENTAL CLINIC Allright Reserved